うつ伏せ寝はバストアップにNG

皆さんは、どの体勢で寝る事が多いですか?

今回は、バストアップと寝方の関係のお話です。

「うつ伏せ寝」に関しては、健康面のメリット、デメリットなど、諸説有るようですが・・・。

バストアップの為には「うつ伏せ」はNGです。

なぜなら、以下の様な悪影響があるからです。

①バストの形が崩れる

バストを押しつぶして、バストの脂肪を背中に押し流し、バストの形が崩れてしまいます。

②血行不良になる

圧迫され、バスト周りの血行不良により、必要な栄養素やホルモンがバストに届きません。

また、リンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。

③首や肩がこる

うつ伏せは、顔を左右に傾けて眠るので、首や肩に負担をかけ、肩こりの原因になります。

肩こりなど、首と肩の疲労は、バストに負担をかけ、育乳の妨げになります。

また「横向き寝」もNGです。

「横向き寝」はバストのクーパー靭帯を痛め、バストが離れる原因にもなります。

クーパー靭帯は一度切れてしまうと、二度と元には戻りません。

また、左右のバストの大きさが変わったり、シワや弛みの原因にもなりますので、NGです。

「仰向け寝」がベスト。でも実はそれもNGです。

仰向け寝は、重力がバストの脂肪を水平方向に押し流し、バストの形が崩れます。

ナイトブラの着用を習慣にして、バストを下垂から守りましょう。

「ヴィアージュ」は昼間も夜も使えるナイトブラ !! 

サイズ交換可能!! プレゼント特典付で購入はこちらをクリック!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑